メインイメージ
-ローヤルゼリー情報を徹底解説-

ローヤルゼリーに含まれるアピシンとは

ローヤルゼリーにはさまざまな栄養素が含まれていますが、その中でもたくさんのたんぱく質を含んでいます。
そのたんぱく質の中でも一番多く含まれているのが「アピシン」です。
「アピシン」には、抗老化作用があるといわれており、いろいろな効果が期待されています。
アピシンを摂取することによって、細胞の増殖率が上がることが実験によっても証明されています。
また、細胞の老化が起きにくく、細胞の寿命を延ばしてくれるといわれています。
さらに代謝を促してくれるため、肌のターンオーバーを正常に調整し、美肌やアンチエイジングの美容効果が期待できます。
そして、アピシンには悪玉コレステロール値や中性脂肪を下げる効果もあるとされています。
体脂肪を減少させる効果も明らかになっており、心筋梗塞や脳梗塞などの、さまざまな生活習慣病の予防や改善、緩和に効果があると期待されています。
このように、美肌やアンチエイジング効果、そして生活習慣病の改善などの健康面にも効果が期待されている成分なのです。
他にもローヤルゼリーに含まれる成分で注目してほしい成分はいくつかあります。
多くの栄養分を含んでいるローヤルゼリーを活用して、美容面・健康面で嬉しい効果を期待しましょう。


トップに戻る