メインイメージ
-ローヤルゼリー情報を徹底解説-

ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンとは

ローヤルゼリーに含まれている成分の中で、「アセチルコリン」という成分があります。
ローヤルゼリーの主成分であり、多量に含まれている成分です。
アセチルコリンは、副交感神経に働きかけ、自律神経の働きを制御するといわれています。
そのため自律神経失調症の予防や改善に効果があると期待されています。
自律神経のバランスをコントロールすることができる成分なので、更年期障害にも有効な成分だといわれています。
更年期障害に伴うさまざまな症状の緩和にも効果が期待できるとされています。
また、脳細胞を活性化する働きも期待されており、認知症の予防や改善、そしてアルツハイマーの予防効果があるとされています。
この効果は、うつ病の緩和にも効果があるとされています。
そして、副交感神経に働きかけ、交感神経よりも優位に働くことにより、消化器官の働きの改善も期待できます。
腸のぜん動運動が促されるので、便秘緩和などの効果があるとされています。

トップに戻る