メインイメージ
-ローヤルゼリー情報を徹底解説-

ローヤルゼリーに含まれるビオプリテンとは

ローヤルゼリーに含まれているさまざまな栄養素のうち、ここでは「ビオプリテン」という成分の効果について紹介しようと思います。
「ビオプリテン」の効果のひとつが、ドーパミンの合成に関与している、ということです。
ドーパミンが不足すると、集中力・注意力が欠ける、反応が鈍くなる、行動力が鈍くなる、無気力になる、物覚えが悪くなる、物忘れをしやすくなるなど、悪いことだらけです。
「ビオプリテン」が、快楽に関する神経伝達物質であるドーパミンの合成に関与することで、やる気をわかせたり、行動力に効果があると期待できるのです。
また、抗酸化作用を持っていることも特徴のひとつです。
抗酸化作用は、体内の細胞を老化させる活性酸素を低下させる効果を持っています。
若いうちは抗酸化作用が活発なのでよいのですが、歳を取るとともに抗酸化作用が衰えてくるので、活性酸素に負けてしまうのです。
ビオプリテンが抗酸化作用を持っているので、摂取することによって、細胞の老化を押さえる効果が期待できるのです。
また、こちらの生ローヤルゼリーについての記事も参考にご覧ください。

トップに戻る